スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい戦い

先日のことでござる。
のんびりぽんとマイルームで過ごしていたらいきなりマイルームの中に真っ黒い穴が現れ、
そんでもってよくわからない銀色の女性に「あなたが必要です!」みたいなことを言われて言われるがままについていったら、
なんだかんだでシールドという防衛組織の長官?トップ?というのに任命されてしまったでござる。
どういうことかわからないと思うが、拙者もよくわかってないので勘弁してほしい。

そういうことではじまりましたまーべるふゅーちゃーふぁいとでござる。

Ci7uu4NUYAES_jm.jpg

助けを求める者あれば拙者は助けに馳せ参じよう!というスタンスで生きているので、
よくわからない組織の長官を任されて「この世界を救って!」って言われるのは別にいい。
だが救って!って言われてよしきた!とタルナーダを背負って戦いに向かおうとしたら慌てて止められてしまった。
どうやら「長官」というのは自分で戦うのではなく部下の戦いを指揮するものらしい。
思わずほへーって言ってしまった。

この世界が危機に陥っているのは、別次元から別次元の「ヒーロー」達が侵攻してくるから、らしい。
なんで侵攻してくるのか、どういう方法で侵攻してくるのか、そういうこともよくわからない。
いや、拙者が指揮する相手の一人の「トニー・スターク」っていう人はわかっているみたいなのだが、
あの人拙者の体を見て開口一番「分解したい」って言ってきた人だから…苦手なのでござる…。
故に状況をあまり聞けていない。
わかっていることを整理すると、

・拙者が任されたこの世界には「ヒーロー」という、自分が得た素晴らしい力を良いことに使おうとする者達がいる。
・その者達は「シールド」という組織が立てたチーム「アベンジャーズ」に所属している。
・だがこの世界は侵攻を受けている。
・侵攻の実働部隊の一番前にいるのは別次元の「ヒーロー」達である。つまりまぁ、拙者にとっての【仮面】みたいな奴でござるな。
・その侵攻を止めてこの世界を守るのが、拙者の任務。

・ヒーロー達はデータ体であっちこっちにばらばらになって転がっている(ひえええ…)
・それを集めて適切な処置をすると、ヒーローを召喚復活できる。
・復活させた後にさらに生体データをくっつけるともっとパワーアップする。

こんな所だろうか。
今現在殆ど役に立っているとは思えない拙者でござるが、もう要らないって言われるまではこの世界を救うため戦いましょうぞ!




CixmwmdUoAE9Qgw.jpg

あ、いうの忘れてた。現在のチームはこんなかんじでござる。
ちーむわーくという言葉をどこかに置き忘れてきたとしか思えないチームでござる。
そのうちメンバー調整しなければ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リュウカク

Author:リュウカク
es艦、8番艦で活動中のアークスでござる。
種族はキャスト、性別は男性。
微力なれど宇宙の平和のために戦う覚悟はできていまする!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。