スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急展開に驚いた

es艦での活動をしていた時のこと。任務が終わって少し休憩しようとしていたら、セラフィ殿が慌てた様子で拙者に通信を飛ばしてきた。
何事か、と聞けば、拙者と話したい人がいる、とのこと。拙者はこちらの艦では他のアークスと密な連絡を取り合ったりしていないので(そもそもes艦はそういうことがしやすいシステムになっていない)何かの間違いではないか、と思ったのだが、間違いではないと言われた。
ではその拙者に連絡を取りたい人は誰なのか、と聞くと、セラフィ殿は一瞬迷ったような顔をして、答えてくれた。

「私の父です」 と。

セラフィ殿の父、コーエン博士。確か、es艦で使用されているチップシステムの開発者。そしてなにやらes艦の活動圏内で度々発見される「タイプc」という新しい種類のダーカーの誕生に関与しているらしい、怪しい人物。拙者が彼に対して持っている認識はそんなものでござった。そしてそんな人物が拙者を指定してコンタクトを取ってきたことに何よりも驚いた。

以下の頁でその時のことを記しておく。追記に畳むでござる。





IMG_4806.png

これがコーエン博士でござる。es艦での案内役セラフィ殿とどことなく似ているような気がしないでもないな、というのが第一印象でござった。
ちなみに拙者はセラフィ殿に頼まれて任務のついでに彼を探していただけであって、別に彼を率先して探していたわけではないでござる。だからこういうストーカーに言うような表現はやめてほしかったでござる…。

IMG_4807.png

改めての自己紹介。丁寧な人物でござった。

IMG_4808.png

まぁ向こうからコンタクトを取ってきた時点でこの言葉はうすうす予感していたでござる。
はいそうですかすみませんもうしません、と受け入れられるかと問われたら、否と答えるしかないわけだが。

IMG_4809.png

IMG_4810.png

拙者と博士の通信に、セラフィ殿が割り込む。彼女の悲痛な声に拙者の胸が痛んだ。

IMG_4811.png

しかし博士の言葉は冷たいものだった。否、冷たくみせているだけなのかもしれない。それは親という存在がいない拙者にはわからない。
そして博士はこの言葉を最後に、まるでセラフィ殿の声から逃げるように通信を切ってしまった。

IMG_4812.png

IMG_4813.png

IMG_4814.png

こう言われて、行かなければ男が廃るというものでござる。
そういうわけで拙者は行ってくるでござる。そして博士をとっ捕まえてセラフィ殿の前に連れてかえってくるでござる。
その後博士はセラフィ殿にはたかれればいいでござる。女性を悲しませた罪は重いのでござる。
スポンサーサイト

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リュウカク

Author:リュウカク
es艦、8番艦で活動中のアークスでござる。
種族はキャスト、性別は男性。
微力なれど宇宙の平和のために戦う覚悟はできていまする!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。