スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無謀テクター

今日はシルト・グリミアン探しで浮上施設探索のレベルノーマルと、森林探索のレベルノーマルと、キャタドラン討伐のレベルハードに行ってきた。
本当はこの後に黒ノ領域のレベルハードの探索と浮遊大陸のレベルスーパーハードの探索も行きたかったのだが、疲れてしまって辞めたのでござる。
疲れた理由は簡単。他のクライアントオーダーの消化もついでにこなしてしまおうと、テクターでシルト・グリミアン探しに行ったらえらいめにあったからでござる。

拙者のテクターのレベルは、現在7でござる。浮上施設探索はレベルノーマルでもエネミーレベルは23からでござる。
受注する時に管理官から「やめておいた方がいいのでは…」と言われたのだが、シルト・グリミアンを2体倒せばクライアントオーダーは達成できるから、結構さくっと見つけてクエスト破棄で帰ってこれると思ったので、そのまま受注した。

だが、浮上施設に降り立った拙者を、任務開始10秒で迎えたやつがいた。
まさかのバル・ロドスでござる。バル・ロドス討伐のEトライアルが発生したのでござる。
バル・ロドスというエネミーは、正直筏で戦うよりも浮上施設で戦った方がやりやすい相手だと拙者は思う。
だがそれは拙者がハンターであった時の話でござる。
現在の拙者は慣れないテクター。しかもレベル7。結構絶望的でござる。
これは受注し直したほうがいいかな…と奴と目が合う前に戦略的撤退をしようとした拙者でござるが、破棄手続きをしようと手元に視線を下ろそうとした瞬間、求めていた敵影を、しかも2つ発見した。
シルト・グリミアン2体が、Eトライアルの賑やかしのザコとして出てきたのでござる。

それを見、拙者は破棄手続きをやめ、どんどん湧いてくるエネミーの中にウォンドを構えて突っ込んだ。
シルト・グリミアンは、言うてそうそうたくさん出てくるエネミーではない。
このチャンス逃してなるものかと思ったのでござる。
そうしたらまーーーーあえらい目にあったでござる。

浮上施設のエネミーは、攻撃がちょっと変わっている奴が多い。
カスタネットのようにかちかち鳴ったかと思ったら爆発する奴。
駒のように回転して当たりを走りまわる奴。
ソードのPAのツイスターフォールのような動きで体当たりしてくる奴。
実に様々でござる。
そんな中に突っ込んだ結果、拙者はウォンドでやつらを殴ろうとしてもエネミーに近づいた瞬間別のエネミーに思いっきり殴られて吹っ飛ぶ、というかなり無様な姿をさらしてしまった。のっくばっくのおんぱれーどでござる。
必死に通常攻撃を叩き込もうとすればするほど体がソードの動きを思い出し、慣れた動きでソードの感覚でPA発動操作をして、謝ってテクニックを誤爆する。誤爆している間にエネミーの攻撃を受け、吹っ飛び、体力をごっそり削られ、メイト系で回復する。
幸いだったのはサブクラスをオートメイトハーフライン取得済みのスキルツリーを使ったハンターにしていたため、オートメイトハーフラインが発動したことだろうか。
なんとかシルト・グリミアン2体を倒して帰還した時、アイテムポーチのメイト系を確認してみたら、出発前は全て限界まで持っていたメイト系がトリメイトしか残っていなかった。
あのまま粘っていたらおそらく拙者は戦闘不能になっていただろう。
浮上施設にテクターで行くのは、もうちょっとレベルが上がってからにしよう…と、ロビーの床で肩で息をしながら思った拙者でござった。

pso20151202_204225_000.png

あ。テクターで浮上施設に行った理由である「他のクライアントオーダー」というのは、マールー殿の「特定の武器でエネミーを20体倒してこい」というやつでござる。
だが、浮上施設ではこのクライアントオーダーを達成することはできなかった。
そういうわけで、中途半端に残すのもなと思い、この後森林探索に改めて赴いてクライアントオーダーを消化してきたのでござる。
テクターは短杖と導具を装備できるので、それでがんばってきた。
森林探索では、短杖は結構使い慣れてきたと思うので、導具の練習を主にしてきた。
前にちょっと挑戦してわけわからんってやめてしまっていたので、そのリベンジでもありまするな。
最初はちょっと戸惑ったが、すぐに慣れてそこそこ使いこなせるようになった。
そうなるとこっちのもんでござる。楽しい!と思うままに導具を装備してボスエリアに殴り込み、ロックベアを導具のみで倒してきた。
導具は遠距離武器なのでとにかく(当社比で)距離を取りまくって攻撃したら、初めてだったのに被弾ゼロで討伐できた。
嬉しかったでござるなー。むふふー。
装備していった導具はローザクレインという桜色の羽が美しいやつでござる。
拙者の今の姿に合わせるには少々…というか結構浮く品であるが、これはちょっとした思い出もある品なので導具としてそこそこ長く使えたらいいなぁと思った。

pso20151202_210259_002.png

ロックベアとの戦い。ここは戦場が明るくて戦いやすいのも嬉しいでござるー。
スポンサーサイト

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブルクレインという

ローザクレインの青版があるよ、未だに私もタリスの形状で二番目に好きだわ(一番は舞姫)

Re: ブルクレインという

舞姫はサクヤ嬢によく似合いそうでござるな!
ブルクレインは持っていないのだが、この記事を書きながら調べて存在を知り申した。
まったりテク職活動用に用意しようと思い申した。

拍手返信

赤いキャス男殿、アドバイスありがとうございます!
そういえば赤いキャス男殿はテクターの師匠さんでもありましたな…!お言葉を紙に書いてモニタに貼ってテクター特訓に挑みまする!ありがとうございまする!
拙者はサブハンターにしたらやっぱりソードが一番使いやすいのでソードの在庫のどれかをテクター用にクラフトしようかなぁと思い申した。貴殿も仰っていたが、やはりパニックになりかかった時に身に慣れた武器があると戦いやすいでござるからな。
プロフィール

リュウカク

Author:リュウカク
es艦、8番艦で活動中のアークスでござる。
種族はキャスト、性別は男性。
微力なれど宇宙の平和のために戦う覚悟はできていまする!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。