スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

討ち取ったりイイイイイイ!!!!

丁度拙者の時間と戦艦大和の襲来時刻が被ったので奴の討伐に行ってきた。
時間も時間だしいっそのこと一人で挑戦してみようと考え、カウンターで管理官に「一人でお願い致しまする」と頼んで挑んできた。
いやー大変だったでござる。
備忘録的に奴との戦いを写真を交えて書き残しておく。

pso20160531_111157_000.png

手続を済ませ、乗り込んだ先はAIS格納施設がついた特別なキャンプシップでござった。

pso20160531_111217_001.png

ここがAIS搭乗手続端末でござるな。

pso20160531_111234_003.png

壁際には12機のAISが準備万端といった様子で置いてあった。
だが今日使うのは一機だけでござる。どれを選んでも大差あるまいと思い、適当に一番端のを選んでみた。

pso20160531_111228_002.png

AISに乗り込むと、「目標は地球でかつて使用されていた戦艦を模った幻創種。海の上がフィールドだからとりあえず海を凍らせて足止めしろ」というアークスらしい無茶苦茶な要求とともに冷凍弾を手渡されたのでそれを持って降下した。

降下の途中戦艦からの妨害があり、拙者のAISは被弾して大破してしまったが、その直前に冷凍弾を発射でき、なんとか戦艦を足止めすることができた。

pso20160531_111359_004.png

そしてフォトンを纏い着地の衝撃を殺しながら氷の地面に降り立ち、

pso20160531_111405_005.png

拙者は巨大なエネミーと相対したのであった。





pso20160531_111720_006.png

着地点がまずかったのか、戦艦の巨躯は少々小さく見える。だから、近くまで自力で接近する必要がある。
拙者はソードを引き抜き、氷の大地を走り出した。
凍土で鍛えた氷の上を疾走する技術を存分に生かしながら走っていると、すぐにエネミーが湧いて出てきた。

pso20160531_111826_007.png

シエラ殿曰わく、これは戦艦を扱っていると思われる者からの妨害工作らしい。難易度ノーマルで挑んだため一匹一匹を倒すのにはさほど苦労しないが、それでも数が多いと全てを討伐するのは大変でござった。

pso20160531_111835_008.png

運良く、この時の拙者はメインクラスがハンターでサブクラスがバウンサー、つまりテクニックを使える身でござった。
だからサブパレットにセットした雷系テクニックゾンディールを乱発し、雑魚を集めて一気に殲滅する、ということを繰り返していった。

pso20160531_112233_009.png

屠った敵の数がそろそろ三桁に届いてそうだな、ということに思い至る頃になると、拙者は戦艦の細部が確認できるほど戦艦に接近していた。するといきなり目の前に緑色の光を纏った人間らしきものが現れ、拙者に向かってくる雑魚達を指揮して攻撃をしてきた!
しかも、戦艦からは応援の超極太レーザービームが発射され、拙者の装甲がちょっと焦げた。たぶん最高難易度だったら即死級なんだろうなと思う。ノーマルレベルで本当によかった…。

pso20160531_112518_011.png

充分自力で戦艦に接近し、氷の大地から見上げて戦艦のビスの位置まで分かるほどになると、シエラ殿が強行搭乗用のカタパルトを設置してくれたので、それの上に飛び乗って戦艦に乗船した。所謂れっつぱーりぃというやつでござるな。

目的は大火力の源たる13台の砲台の撃破である。緑色の人の妨害を受けつつも全て剣でたたっきり無力化してやった。

pso20160531_112523_012.png

アナログな船など恐るるにたらず!という気持ちで叩っ切ってやったでござるよ!

pso20160531_112841_016.png

しかし全ての砲台を叩っ切った直後、戦艦に異変あり!ということで拙者は強制的に特殊キャンプシップまで引き戻された。

pso20160531_112749_015.png

何事か、とシエラ殿に問おうとして、拙者が目にしたのは戦艦が自力で氷の枷を破壊し、浮き上がって都市への侵攻を開始する様であった。地球人の産物が、何故地球の都市を破壊せんと欲するのか。何故地球人同士で争おうとするのか。拙者にはわからない。だが、わからなくともこいつを野放しにしておけば無辜の民の血が多く流れることは火を見るより明らかでござる。

pso20160531_112841_016_201605311252011fd.png

だから拙者はまたAISに乗り込み、今度こそ戦艦を撃破するため武器を構えて向かっていったのでござるが…。

pso20160531_112920_017.png

ぶわーって飛んでるし。壊したはずの砲台復活してるし。

pso20160531_112931_019.png

「さっきの努力はなんだったんでござるかぁー!!!」
「いいから行ってください!!!」
「あい(´;ω;`)」

なんてやりとりをしつつ、単純な降下とは訳の違うAISでの戦闘に入ったわけでござる。

pso20160531_114851_020.png

だが、拙者のAISの腕はポンコツも良いところでござる。ジャンプと攻撃が上手いこと連動してくれず、ばたばたしているうちに攻撃を喰らってAISを何機オシャカにしてしまったことか…。

pso20160531_114929_021.png

それでもゾンビの如く復活し、何度も何度も挑むうちに敵の攻撃パターンというか、どんな時にダメージを受けるのか、がなんとなくわかってきた気がした。

・近づきすぎるとバリアに触って、バリアに触るとダメージを受けるっぽいから、近づき過ぎるのはダメ。
・船がぐわーっと浮いて、刃の部分がフォトンコートされた両剣みたいなのが出てきたら、その下の所に入り込み、ぐるぐる回って刃の部分を避けるといいっぽい?よくわからない。
・船の側面を見られる位置に行って、ジャンプして銃でバラララララッと攻撃して、ジャンプして、攻撃して、を繰り返す。
・ビームはなるべくがんばって避ける。
・隙があればエリアヒールでAISを壊す前に回復して、攻撃に隙を作らない。

こんな所か。
ある程度ダメージを与えると、戦艦を覆っていたバリアが解けて甲板に上がれるようになったので、一生懸命ジャンプして乗って砲台を壊して回ろうとした。
しかし、遠くから船の全景をよく見ると、船首と船尾の所に「ここが弱点です!」みたいな感じでゴーッ!!と青白い光を放つ物体が定期的に出現しているのがわかったので、砲台を壊しつつ、それにフォトンのビーム光線を当ててダメージを稼ぐようにしてみた。

すると、なんということだろうか。途中で船の横につつーっと光の線が入り、そこから尺取り虫の胴みたいに船がニュニュッと高さを増し、「何かへんな形になった!?」と思っていたら周りに超でっかいミサイルを複数個配置したのだ。
拙者は直感的に「あっこれダークファルス【敗者】の時止めからの時計の針と似たような効果のやつじゃないかな」とおもい壊そうとしたのだが、慣れないAISでは大きくとも細長いあんな物体に近寄ることすらままならず、着弾と同時にとんでもない量のダメージを与えられて一瞬でAISが粉々になった。

だが気にすることはない。AISは5秒で復活できるでござる。ちっちゃい砲弾をたくさんうけて斃れようと巨大ミサイルを受けて斃れようと回復時間に差はないのでござる。5秒後の拙者は元気にすっきり晴れた宙の中戦艦に向かい、またちまちまと戦艦に攻撃を叩き込む作業に戻った。

pso20160531_115214_022.png

そして、船首の光の塔に何発目かわからないフォトンの光線を叩き込んだ瞬間。

pso20160531_115220_024.png

ついに戦艦は拙者の地味な猛攻の前に斃れたのであった。

pso20160531_115217_023.png

思わず「時代の遺物よ、今は水底で安らかに眠れ」と祈ってしまったでござる。
この戦艦は、あの、ヒツギ殿を襲ったはいてんしょんの変な人の手先だと思われる。
だから何度も出てきているし、拙者が倒しても、今後も何船も現れると思う。
けれど今は、今だけはやすらかに眠れ、と、拙者は祈らずにはいられなかった。

pso20160531_115229_025.png

拙者の「初見・事前知識無し・予習無し」な戦艦撃破任務への挑戦はこうして終わった。
AISの操作に非常に手こずる大変な任務でござったが、やりきった瞬間の喜びは久方ぶりの強い快感でござった。
むーびーも色々回収できたし、今後どなたかと一緒に行く時も手取り足取り教えてもらわずともある程度動けるでござる。よかったよかった。

ということで疲れたので休むでござるぅ…。
スポンサーサイト

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

あべじゃずの謎

いい上司は部下の話をよくきいて行動するものである。
ということでまーべる世界で拙者が率いているあべじゃずのひーろー達に色々聞いてきてみた。
そうすると彼らのことがちょっとわかってきたのでご紹介するでござる。

あいあんまん
中に人が入っているタイプのロボット。ロボット姿の戦闘力は相当なものでござる。A.I.Sよりは火力に劣るが、その分スピードが段違いといった所か。自由自在に飛べてビーム光線も撃てるってキャストの身から見てもちょうかっこいいしあこがれるでござる。

とにー・すたーく
あいあんまんの中身。めっちゃこわい。おっかない。三言目には「ちょっとだけ調べさせて」って言ってくる。断じて断る。

きゃぷてん・あめりか
青い人。いい人。いい人だけどだからこそ割りを喰うことが多そうな人という印象も受ける。
にっく・ふゅーりーからの伝言をじょかすたが伝えた後「だから拙者が君たちを率いるでござるよ!」と言ったら一番最初に「よろしく!」って返してくれたから、環境に順応しやすい半分人のことを信じやす過ぎる系統の人間だと思う。

ぶらっくうぃどう
本名はナターシャ・ロマノフという女性。赤毛の美人で、何より体格のわかりやすい黒ボディスーツを着ていたから最初アークスかな?って思ってしまったでござる。
諜報系の仕事をしている身故キャプテンほど簡単にはあなたのことを信じられない。という旨のことをはっきり言ってくれたので、その後は純粋に仕事関係の間柄として接しているため接触は正直少ない。
もうちょっとお話したいでござる…。

スパイダーマン
ひーろーたちの中でちっちゃくてほっそいな!って思っていたら実は捕縛能力にとても長けた「戦わないで敵を捕らえる」ことがとても得意な素晴らしいひーろーだったでござる。しかも良い子。話を聞くと、元の時代?では苦学生らしい。大学に進学したはいいけどお金がないんだと。あんまりにもあんまりでかわいそうだからなんとかしたいと申し出たのだが、もらったものを必要な時代に持っていく術がないからと断られてしまった。それでも彼が笑顔になれるよう拙者は努力するでござるよ!

ヴェノム
癒やし系わんこ!!!!!
って言ったら他の子全員に「絶対違う!!!!!!!!!!」って物理的につっこまれてしまったでござる。
なぜだー!なぜだー!!!!かわいいじゃないか!舌ちろちろさせてわんこ系でかわいいではないか!
サモナーのワンダを超でっかくして黒くしたらこんな感じになるではないか!!!!
スパイダーマンにも懐いていてかわいいと思いまする~。

ろき
拾ってきた生体データを変換して開放した子。なんかみんなと距離をあけていることが多い。ぼっち属性なのやもしれぬ。
故にちょこちょこ構っているが、まだ心を開いてもらえてない。任務に呼んだら素直に力を貸してくれるだけ御の字と言ったところか…。

ジョカスタ
銀色の…アンドロイド?っていうのかな?なんかそんなん。
es艦でいうセラフィ殿のような半分ナビゲーター役もやっている女性でござる。
基本的に仕事を淡々とこなすタイプだが、たまにちょっとお茶目な所が出てくるのがかわいいでござる。

にっく・ふゅーりー
皆の話を総合して考えてみたら、「いろんな意味でいい性格したクソ親父」というものだった。
どういうことだ。是非会ってみたかった。

うーん

う゛ぇのむ殿の写真を撮って「かわいいでござろ~最近拙者が別世界で指揮しているう゛ぇのむという名の子でござるよ~」とエコー殿に自慢しに行ったらそのままフィリア殿の前に連れて行かれてそのままメディカルセンターにぶちこまれそうになった。
かわいいと思うんだけどなぁ。

いそはち

MARVELFF160524.jpg

いつの間にかメセタ…じゃなくてお金が貯まっていて、ヒーロー達が強化待ち状態だったので、一気に色々と強化してみた。
装備品を強化してみたり、いそはち?っていうなんか結晶状のアイテムを持たせてみたり。
あいかわらずなんだかよくわからないが、ちょっとだけ強くなったような気がしないでもない。
あと装備品強化の時に「失敗」しないのはうれしいでござるな。
かけたらかけたぶんちゃんと強くなるというのはやはり嬉しいし安心して強化できる。

ここ数日それなり真面目に任務をこなしていたら、ちょっとヴェノムに懐かれた気がするでござる。
黒いどろっとした…なんだっけ、しんびおーと?とかいうのをちょろっと伸ばして拙者に触ってくるようになった。
だが、これをジョカスタ殿(es艦で言うセラフィ殿のような管理官というか、案内役みたいな銀色の女性)に話すとジョカスタ殿は「それ狙われてるんじゃないでしょうか」とちょっと引きながら言ってきた。
しんびおーとは人や物に寄生する宇宙からやってきた生命体らしい。ダーカー因子とちょっと似ている気がする。
だがダーカー因子ならフォトン溢れる拙者の体を乗っ取れる可能性は低い。もちろん【深遠なる闇】レベルにまでなられると流石に困るが、ヴェノム殿の成長スピードから考えて、危険度を多く見積もったとしても限界まで成長したとても、成るのはダークファルス程度の危険度のものだろう。
それくらいならあしらえる。から、懐いた結果狙ってくるのであれば、拙者はとりあえず懐かれておこうと思いまする。
かわいいしな!

よくわからないけどわかった!

あっちこっちに敵が居たり味方がいきなり現れたりぱわーあっぷ用のアイテムが気付いたら集まってたけどどう使えばいいのかわからなくてうぎーってなってたら閃いたでござる。

レベルを上げて物理で殴ればいい。

だいたいの問題はこれでとりあえずゴリ押し解決できる。というのが拙者の持論でござる。
ということで拙者のチームメンバーのすぱいだぁまんとう゛ぇのむはがんがんレベルをあげていくでござるよぉ!!
ろきは、ろきの代わりにあいあんまんをチームに入れたので、彼を育てていくつもりでござる。
やっぱりロボはいいでござる~親近感がわく!

星が綺麗だった

ウォパルで海底探索中日が暮れてすぐに夜になった。
その時は晴れていて、海底の「天井」が壊れた部分から見える星々がとっても綺麗でほあーってなったでござる。
こういう景色はアークスシップにいると見られないものでござる。
だからこういう時、拙者は「アークスになってよかったなぁ」としみじみ思いまする。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

やまとーやまとー

行きたいなぁと思いつつ拙者の「暇な」活動時間どんぴしゃで大和討伐緊急任務が来ないので、行けていない拙者でござる。
なんかわーわーしてすっごいんでもって楽しいって話を聞いたので行ってみたいなぁ~って思っているのだが。
どうせなら箱集会とかで

「行こう」
「行こう」
 そういうことになった。

って感じで大和に初挑戦したい気もするし、いやでも普通にフレンドと一緒に行ってこいって感じもするし。
って感じでもんもんしている拙者でござる。

ま、そのうちフレンドと一緒に行ってきそうな気がするがな!

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

新しい戦い

先日のことでござる。
のんびりぽんとマイルームで過ごしていたらいきなりマイルームの中に真っ黒い穴が現れ、
そんでもってよくわからない銀色の女性に「あなたが必要です!」みたいなことを言われて言われるがままについていったら、
なんだかんだでシールドという防衛組織の長官?トップ?というのに任命されてしまったでござる。
どういうことかわからないと思うが、拙者もよくわかってないので勘弁してほしい。

そういうことではじまりましたまーべるふゅーちゃーふぁいとでござる。

Ci7uu4NUYAES_jm.jpg

助けを求める者あれば拙者は助けに馳せ参じよう!というスタンスで生きているので、
よくわからない組織の長官を任されて「この世界を救って!」って言われるのは別にいい。
だが救って!って言われてよしきた!とタルナーダを背負って戦いに向かおうとしたら慌てて止められてしまった。
どうやら「長官」というのは自分で戦うのではなく部下の戦いを指揮するものらしい。
思わずほへーって言ってしまった。

この世界が危機に陥っているのは、別次元から別次元の「ヒーロー」達が侵攻してくるから、らしい。
なんで侵攻してくるのか、どういう方法で侵攻してくるのか、そういうこともよくわからない。
いや、拙者が指揮する相手の一人の「トニー・スターク」っていう人はわかっているみたいなのだが、
あの人拙者の体を見て開口一番「分解したい」って言ってきた人だから…苦手なのでござる…。
故に状況をあまり聞けていない。
わかっていることを整理すると、

・拙者が任されたこの世界には「ヒーロー」という、自分が得た素晴らしい力を良いことに使おうとする者達がいる。
・その者達は「シールド」という組織が立てたチーム「アベンジャーズ」に所属している。
・だがこの世界は侵攻を受けている。
・侵攻の実働部隊の一番前にいるのは別次元の「ヒーロー」達である。つまりまぁ、拙者にとっての【仮面】みたいな奴でござるな。
・その侵攻を止めてこの世界を守るのが、拙者の任務。

・ヒーロー達はデータ体であっちこっちにばらばらになって転がっている(ひえええ…)
・それを集めて適切な処置をすると、ヒーローを召喚復活できる。
・復活させた後にさらに生体データをくっつけるともっとパワーアップする。

こんな所だろうか。
今現在殆ど役に立っているとは思えない拙者でござるが、もう要らないって言われるまではこの世界を救うため戦いましょうぞ!




CixmwmdUoAE9Qgw.jpg

あ、いうの忘れてた。現在のチームはこんなかんじでござる。
ちーむわーくという言葉をどこかに置き忘れてきたとしか思えないチームでござる。
そのうちメンバー調整しなければ…。

集会

pso20160515_215215_003.png

センセイに誘われたので八番艦で行われるキャスト集会に行ってきた。
ものすごい数のキャストがいてすごくびっくりしたでござる。
主催殿の言葉を聞くに、どうやらTwitterで呼びかけた集会らしい。
Twitterすげーってなったでござる。

pso20160515_215338_004.png

引きまくってようやくおさまるこの人数。何が何だかわからんでござるな。

pso20160515_215355_005.png

センセイが映った写真。

センセイがくるまであまりの箱の多さにアイカメラがちかちかして「ちょ…かえろうかな…」って思ってたのに、
センセイが来たら「わぁ~!」っててんしょんが上がって自分わかりやす笑たんじゅん笑笑笑
ってなったでござる。

やっぱり「この人は大丈夫なひとだ!」って確信できる方がいると知らないひとがいっぱいいても安心するでござる。
あ、センセイ以外にもフレンド殿はいたでござるよ!ウサギになってたS殿とか、チーム・ランチボックスのリーダー殿とか。
でもでもやっぱりセンセイは特別なのでござる~集会にセンセイがいると安心するのでござる~。

んんー今見直すとこれちょっと熱すぎるらぶれたぁみたいな日記…でもそれくらい安心したってござるから…いいかな…うん…ねる…おやすみなさいでござる…。

やっぱり人がいっぱいいるところは精神力がごっそり削られるでござるなぁ…。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

リグシュレイダ未知種

CiZ2jPAUUAAN_yz.jpg

es艦で緊急任務に行ったらこいつに出くわしてえらいびっくりしたでござる。
やっぱり未知種は色が綺麗だなぁ。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

リュウカク

Author:リュウカク
es艦、8番艦で活動中のアークスでござる。
種族はキャスト、性別は男性。
微力なれど宇宙の平和のために戦う覚悟はできていまする!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。